2015年10月27日

子育てと仕事を両立させるために必要なこと

時短で働ける資格やスキルを身に付ける

女性の社会進出の推進や、共働き夫婦の数が増えていることもあり、子育てしながら働く女性が増えています。子育てにかかる時間や負担は非常に大きく、夫の協力を得ながら妻が働ける環境を構築することが重要です。子育ての合間の限られた時間で働くには、特殊な資格や、需要の多い仕事に就けるだけのスキルが重要であり、希少性があればあるほど、働きやすくなると言えるでしょう。常日頃から働くことを意識して、資格取得や勉強を継続していることがポイントとなりますね。

子供には早い内に自立心を

子育てしながら働くとなると、ネックになるのが子供の性格と自立心です。産まれた頃から母親と接する時間をなるべく確保したいところですが、常に行動を共にしていると子供が母親に依存してしまうことになり、何をするにも母親が近くに居ないと物事が進まなくなってしまいます。子供が産まれてから母親だけに子育てを任せるのではなく、父親や祖父母など、様々な人に接するように心掛けておくと、自立心の芽生えも早く、託児所や保育園に預けやすくなりますので、早期に社会復帰したい場合は、子供との接し方に気を付けましょう。

行政のサービスを利用する

子育ては親や祖父母の協力だけでなく、行政の託児サービスも有効活用することで、子育てのサイクルを円滑に回しやすくなります。子供は生後6ヶ月から1歳くらいで託児所に預けることができますので、母親が仕事に復帰する場合は子供を預けて早く他人に慣れさせることも必要になります。最初のうちは1時間だけ預け、段々と預ける時間を増やしていくことで、子供もその環境に慣れやすくなりますので、ペースを考えて預けるようにしましょう。

小さい子供を抱えたシングルマザーの仕事として最近人気なのがホームページの制作です。自宅で可能、ちょっとした知識があれば簡単、しかも出来が良ければ仕事の依頼も増えます。