2015年10月27日

介護は仕事にしたいか、仕事にしたくないのか?

介護によって人生変わる?

介護は日本のみならず世界中で問題であり、課題とされています。お年寄りだけでなく、若者でも体が不自由になった人を介護する必要があります。人間、生きている限りは平等だとされていますよね。皆、それぞれ生きたいという意思は強いです。一日でも元気で生きたい、それは健康の人だけではないでしょう。体が不自由な人も同じ気持ちですよ。介護は厳しさを増します。仕事にしている人でも、仕事以外で家族の面倒を見ている人も同様で、これも立派な介護です。

病気から介護が必要になったら

お年寄りの場合、ある日までは健康でしたという意見が多いでしょう。そこから一気に体が弱まって介護を要するくらいに能力が落ちる話はずっと言われています。きっかけは寝たきりだったり、気力低下、筋力低下など要因は様々あります。お年寄りは突然全く動けなくなったはなしは現実的ですよね。若者だとまだ実感なく、いつの間にか自分で追い込んでいる事もあります。介護は助け合いですが、一人で行ってしまう事も少なくないようです。

仕事で介護する家でもするの?

介護職で仕事している人はいるでしょう。そして介護職を本職としていながら、家でも自分の家族を介護しなくてはいけないとなると厳しいです。仕事の経験を活かして家でも同じように行えるのか、介護を要する人の性格も把握しなくてはならないですよね。皆さん、同じように接するのは難しいでしょう。介護を要する人でも、それぞれ自分で行える能力が違います。一人一人に合わせた介護が求められます。介護が始まると出口が見えないので、相当の覚悟が求められます。

介護の求人では無資格者や未経験者であっても採用しています。福利厚生を充実させ、優秀の人材の確保に努めています。