2015年10月29日

賃貸を借りて後悔しないために!マンスリーマンションのお勧めポイント

優良賃貸物件探しはほんとに大変!

大学進学や就職などで初めて親元を離れて一人暮らしをする時は、進学先や就職先の近辺にマンションやアパートを借りますよね。でも、この賃貸物件探しというのが結構大変なものがあり、多くの労力や時間を使うものです。インターネットがある現代では、無い時代に比べて現地へ行かなくても、ネットでカンタンに検索できたり、物件を見つけることができますが、それでも優良物件というのはいつの時代も少ないもの。自分が探し易い環境なら、多くの優良賃貸を探しているライバルにとっても良い環境なので、良い物件を見つけるのはほんと宝探しのようなものがあります。

住んでみて分かるその土地の裏事情

また、賃貸が見つかっても、実際にそこに引っ越して住んでみて、初めて分かるというものがあるのも事実。中でも住む土地の問題というものがあります。駅から近いから良いと思ってたが、実際は夜間は怪しげな人が多くたむろする繁華街を通らねばならなかった、とか、朝夕のラッシュ時は満員電車で目的地まで着くとクタクタ、とか、住んでみて初めて分かる事実というのが実に多いものです。しかし、この賃貸を見つけて住むまでに、敷金・礼金、不動産仲介料や引越し代やらなんやかんや何十万というお金を使っているので、不満があるからといって、そう簡単には引越しはできないもの。こうした悩みは賃貸を借りる方には多かれ少なかれあるものですが、出来ればそのエリアに住む前に、試験的に一時的に暮らしてみるのがお勧めです。そのような時に活用したいのがマンスリーマンションです。

賃貸を借りる前に試験的に住んでみるのがお勧め

マンスリーマンションとは家具や家電が付いた短期契約型のマンションのことです。テレビや冷蔵庫、洗濯機、ベッドなど生活に必要な設備が付いているので、すぐに生活ができるマンションです。敷金や礼金などが要らない物件が多く、気軽に入退去できるのも大きなメリットです。住みたい街があったら、まずはこのマンスリーマンションで暮らしてみて、街の治安や騒音、住人の気質、人の流れ、雰囲気などを自分の肌で感じてみてからでも遅くはありません。転勤などで他所に一時的に住むサラリーマンの方なども、家電製品の購入費や引越し代が不要であり経済的負担は少なくなるので、一考する価値があるのがマンスリーマンションといえます。

マンスリーマンションとは、家具付のマンションのことで、敷金・礼金などの設定がされていないことが多い物件です。