2015年10月29日

条件を絞ろう!ママになったあとのお仕事探し

待遇をしっかり確認しよう

子どもを産んだあと、一段落して仕事に復帰するお母さんも増えています。または、いったん出産のために仕事を辞め、再就職するお母さんもいることでしょう。再就職する場合には特に、子育てに無理の無い待遇の職場を探しましょう。子育てをしていると残業はかなりの負担になりますし、子どもが大きくなると行事などで土日は休みたい、ということも増えてきます。子育てをしている、ということを職場にきちんと伝え、できることとできないことを理解してもらうのも大切です。

フルタイムにこだわらないこと

結婚前は専門職でバリバリ仕事をしていた、という人などは、再就職も同じように仕事をがんばってしまいがちです。しかし子育てと両立するにはフルタイムだとたいへんなこともあります。職場が家から遠かったり、子どもが病弱だったりすれば、いっそうフルタイムで働くのが困難になることもあります。あまり職種や業種にこだわりすぎず、今できることを大切に仕事を選びたいものです。専門職でもパートタイムで働ける場合があるので、転職コンサルタントに相談するのもいいでしょう。

まずは家族を優先しよう

キャリアを積んできた女性ほど、出産後に早く取り戻したくて焦ってしまいがちです。しかし、家族ができた以上、家族が暮らしやすい生活を目指すのが第一目標でしょう。女性は出産や子育てでキャリアを捨てても仕方ない、ということではありません。キャリアにしがみつくような価値観を持っていたならそれを改め、ゆったりと暮らせる生き方にシフトチェンジしていくきっかけになるかもしれません。女性は特に年齢で体力が落ちていくので、妊娠、出産はいい切り替え時になることもあります。

主婦のパートを探す場合、無理なく働き続けるためには、家事や育児との両立ができる条件を重視することがポイントになります。