2015年10月29日

管理職の多く掲載されている!?求人の見方とは?

管理職とはマネージャー職

よく会社でも管理職という言葉を耳にする事があると思います。そんな管理職を近年ではマネージャー職とも表現する様になりました。特に外資系企業ではマネージャーという言葉を頻繁に使いますので、求人でも表記の方法は企業によって様々です。そんな管理職やマネージャー職とは一体どういった職種なのでしょうか。言葉の通り管理を行う職種ですので、部下を数名管理したり、プロジェクトを管理したりとマネジメントに長けている事が重要となります。

管理職と一般職では何が異なるのでしょうか

まず一般職と管理職の大きな違いは責任の範囲が広く、何かを任されて行う事を意味しますので、求人や企業の多くの場合管理職には残業代が付与されない事が多くなります。逆に部下やチームの残業時間を管理する事まで業務の一環となる事がありますので、気になる人は面接の際に面接官に確認してみると良いでしょう。後は、部下やチームの育成が評価の対象となりますので、業務の幅が非常に広いと言えるでしょう。自分自身だけではなく、部下やチームのパフォーマンスも重要となります。

そんな管理職求人の探し方

近年はインターネットで求人を検索出来る様になりましたので、検索の際に管理職、もしくはマネジメント職で検索すると良いでしょう。主にマネジメントを経験した人が応募条件に値する事が多くなりますが、中には未経験者でも挑戦出来る場合もあります。是非挑戦してみたいという人は応募をしてみても良いのではないでしょうか。チームやプロジェクトの管理が得意を感じる人は、将来のキャリアも考え今のうちに管理職を経験しておくと良いでしょう。

ネットワークエンジニアとは、コンピュータのネットワークシステムの構築や運用などをする情報処理技術者のこと