2015年10月29日

良い保育士になる為に!重要になってくる保育園の探し方

何を基準に考えるべきかまとめよう

保育園と一言で言いましても、沢山ありますので、その中から自分に合った保育園を探す為には、先ずは自分の希望条件をまとめる必要があります。自分の希望する保育園に就職するために大切なのは、保育園の方針をチェックするという事と、保育園の特徴、どんな子どもがいるのか、雰囲気はどんな感じなのかなど、自分が就職をする為に欠かせない条件を洗い出しして、その条件に合った所を細かく探すようにしましょう。その為には、積極的に保育園の見学にも行くようにして下さいね。

必要に応じて実習をお願いする

特に新卒で就職先を探している場合には、実際に保育園に行って、実習をさせてもらえないかどうかというのをお願いしてみるという手段もあります。実際にその保育園の先生として、実習で働かせてもらえば、保育園の特徴も子ども達の雰囲気も掴む事が出来るでしょう。そうすれば、実際に自分が働きたいと思える保育園を確実に見つけることが出来ますので、大変おすすめですよ。時間に余裕があれば、就職活動をしている大学生の間に実習が出来れば嬉しいですね。

お給料だけで決めない事

保育園で働くとなりますと、仕事内容の割にお給料が安いのではないかと不安に思う人もいるでしょう。確かに、お給料は新卒ですとかなり安いかもしれません。ですが、お給料だけで保育園を探してしまいますと、環境が良くなかったり、自分に合わない可能性がありますので、注意が必要なんです。求人情報を細かくチェックすれば、条件の良い保育園を見つけることが出来るでしょう。ですが、就職先を決める際には、お給料だけを基準にして決めないようにして下さいね。

地方は過疎化がすすんでますが、都市部には若い夫婦が集まり保育園はどんどん増設されて、保育士の需要が増えているので保育士の求人も好条件を望めます。